トヨタ・アクアはトップクラスの低燃費を誇るコンパクトカー

トヨタ・アクアは2011年からデビューした新しいコンパクトカーです。

そのため、デビューしてから現在まで一度もフルモデルチェンジは実施されていません。

トヨタ・アクア

トップクラスの低燃費

トヨタ・アクアは低燃費走行が特徴の車種です。アクアには1.5Lのハイブリッドエンジンが搭載されています。

燃費効率に優れたアトキンソンサイクルエンジンと高効率モーターとの組み合わせで、1リッターあたり37.0kmの燃費を実現しています。

そしてエコドライブモードとEVドライブモードの2つのモードが用意されていて走行中に簡単に切り替えることができます。

エコドライブモードではアクセル操作における駆動力とエアコンの消費電力を省エネ化してエコドライブをサポートしてくれます。

一方のEVドライブモードはモーターのみで静かに走行することができます。例えば深夜などでエンジン音が気になる際やガレージの出し入れなど排気ガスを抑えたい場合に活用します。

室内・インテリア

コンパクトカーでありながら限られたスペースを有効活用することで、室内空間をしっかりと確保しています。

室内長は2,015mm、全高は1,455mm、全幅は1,695mmとなっています。全高は低く抑えられていますが、室内高はしっかりと確保されています。

細部にまで工夫を施すことで後席の膝周りや頭上のゆとりも感じられます。

後部シートは可倒式となっているので、用途に応じて前に倒すことができます。乗車スペースはなくなりますが、その分大きな荷物を積み込むことも可能になります。

フロントシートに関しては従来のコンパクトカーに取付けられているシートよりも座面が長く、そしてシートバックも高く設計されています。

その結果ゆったりと座ることができ運転していても疲れを感じ難いようになっています。

室内のシート表皮は合成皮革とファブリックの組み合わせとなっています。

便利なスマートキー

トヨタ・アクアにはスマートキーが利用できます。手荷物が多い時などに乗車する際、カギを出してドアを開けるのは非常に面倒ですよね・・・。

そんな時にスマートキーがあればワンタッチでドアを解錠することができます。

また、ハイブリッドシステムを起動する際にもブレーキを踏みながらパワースイッチを押すだけでオッケーです。

クロスオーバーモデル「Solid」登場

従来のアクアX-URBANに、クロスオーバーテイストをさらにパワーアップさせた特別仕様車が新たにラインナップされました。

ブラックとシルバーのパーツが特徴で、個性的かつセンスのあるエクステリアとなっています。

ちなみにアクアX-URBANは「都会的なセンスを感じさせるクロスオーバー」をコンセプトにして開発されたモデルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です