日産キューブはユニークなエクステリアが特徴のコンパクトカー

日産キューブはユニークなエクステリアで人気のコンパクトカーです。

角が丸くなったスクエアボディと非対称のバックスタイルは他の車種には採用されていない個性的なデザインです。

日産キューブ

インテリア

コンパクトカーでありながら開放的な室内空間となっています。頭上スペースもしっかりと確保されていて、ゆったりとくつろぐことができます。

十分な室内高と幅の広いルーフ、垂直に近いサイドウィンドウによってたっぷりとゆとりのあるヘッドルームとなっています。

後席だけでなく前席にもベンチシートが導入されています。さらにコラムシフトを採用することで助手席側から乗車しても簡単に運転席まで移動することができます。

室内はジャグジーをイメージして設計されていて、緩やかにカーブを描いているような空間を作り出しています。

その結果バスタブに浸かっているようなリラックスした気分を演出しています。

スタイリッシュガラスルーフ

日産キューブはメーカーオプションでスタイリッシュガラスルーフを取り付けることができます。

幅の広いルーフを活用して多きガラスルーフを設置することできるため、室内に太陽光を取り入れて明るい室内を作り出します。

また、スタイリッシュガラスルーフとSHOJIシェードを組み合わせることで採光・調光・遮光を調整することができ、ドライブシーンに合わせて自由に選択することが可能になります。

スタイリッシュガラスルーフを取り付けない仕様の場合はルーフトリムに一滴の水滴から輪が広がっている波紋をイメージしたデザインとなります。

7種類のシートデザイン

日産キューブは7種類のシートデザインから選択できます。基本カラーはフェザーグレーとグラファイト(黒)となっています。

メーカーオプションでビンテージキャメルとロルブー、コダワリブラウン、インディゴブルー、ラウンジブラウンが用意されています。

追加料金はかかりますが、個性的なキューブにしたいなら、ぜひシートデザインをあなた好みにしてください。

エコドライブも可能

日産キューブは環境に優しいエコドライブも可能です。

搭載しているHR15DEエンジンにはデュアルインジェクターが採用されていて、トルクが向上しています。

可変バルブタイミング機構を採用していることで、吸排気効率が上がり低燃費を実現しています。

アイドリングストップ機能が搭載していて信号待ちなどで停止すると約1秒後にアイドリングストップします。燃費は19.0km/Lを達成しています。

さらにエコドライブをサポートするファインビジョンメーターを採用しています。ファインビジョンメーターには瞬間燃費と平均燃費が表示されるので、走行中も簡単にどれくらいの燃費で運転しているのかすぐに把握することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です