ホンダ・フィットはガソリン車とハイブリッド車が用意されています

ホンダ・フィットは2001年に登場したコンパクトカーで現在のモデルは3代目になります。

初代モデルからの設計コンセプトはそのまま継承して、パワートレインや車載を新設計することで性能をアップさせています。

ホンダ・フィット

エクステリア

コンパクトなデザインになっていますが、隅々まで計算されて設計されています。

例えばサイド部分の張り出しやピラーデザインなどにおいても空力性能を追求して設計しています。

そしてハイブリッドモデルには全グレードにフロアアンダーカバーを採用して、ガソリン車以上に燃費性能を追求しています。

ボディカラーはプレミアムブルーオパール・メタリックやミラノレッド、ブリリアントスポーティブルー・メタリックなど全部で16種類の中から選択することができます。

インテリア

ホンダ・フィットはコンパクトカーですが、空間のムダを徹底的に排除することで前後・上下において圧迫感を感じず快適に乗車することができます。

後席に大人が乗車しても膝を組んで座ることができます。

また、一般的な車両は後席シートの下部に燃料タンクを設置するケースが多いのですが、このフィットは前席シートの下部に設置しています。

その結果、室内スペースの拡大とシートアレンジの自由度がアップするメリットを得ています。

360°スーパーUV・IRカット パッケージ

特別仕様車コンフォートエディションには360°スーパーUV・IRカット パッケージが装備されています。

その名の通り、360°に渡ってUV・IRカットを実現することができる機能です。

日焼けの原因となる紫外線(UV)を約99%カットすることができます。お肌のシミやシワになる心配をせずに安心して乗車できます。

そして熱さの原因となる赤外線(IR)を約70~80%カットすることができます。その結果、室内の深いな熱さを軽減するだけでなく冷房効果も高めてくれます。

シティブレーキアクティブシステム

安全性能に関してはシティブレーキアクティブシステムが搭載されています。時速30キロ以下における前方車両との衝突の回避・軽減することができるシステムです。

さらには前方に障害物がある場合にアクセルペダルを踏み込んだ場合いは急発進を防止することもできます。

そのため、駐車場などでも踏み間違いによる衝突事故を防止したり被害を最小限に食い止めることができます。

燃費性能

ホンダ・フィットはガソリン車とハイブリットモデルの2種類が用意されています。

ガソリン車には1.3L DOHC i-VTECと1.5L 直噴 DOHC i-VTECの2種類のエンジンから選択できます。

1.3Lエンジンは26.0km/L、1.5Lエンジンは21.8km/Lの燃費性能を実現しています。

一方のハイブリッド車にはSPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステムが搭載されています。

FF駆動方式は36.4km/L、4WD駆動方式は29.0km/Lの燃費性能を実現しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です