トヨタ・パッソは可愛いデザインで女性ドライバーにおすすめです

トヨタ・パッソは丸みを帯びたプロポーションで女性を中心に支持を集めているコンパクトカーです。

このパッソはトヨタとダイハツが共同開発をしたことで知られています。

トヨタ・パッソ

2つのスタイル

パッソにはノーマルとMODAシリーズの2つのタイプが用意されています。

ノーマルタイプは「ACTIVE STYLE」として位置づけられていて、エアロパーツも取り入れて細部にもこだわってデザインされています。

一方のMODAシリーズは「SMART STYLE」として位置づけられていて、個性にこだわった仕様になっていて、ルーフがブラックカラーになっていて、お洒落な2トーンカラーにすることができます。

可愛らしいデザインになっていますが、カラーを変えることで男性でも違和感なく運転することができます。

快適な室内空間

トヨタ・パッソはコンパクトカーとなっていますが、室内空間はしっかりと確保されています。パッソと同じ排気量の車種の中でもトップクラスの室内空間を誇っています。

前後のシート間隔を広く設計されているので、後席に座った場合でも膝周りにゆとりがあり快適に過ごすことができます。

後席シートは折り畳むことができます。そのため、自転車のような大きな荷物でも積み込むことができます。

また、パッソでは全てのグレードにベンチシートが採用されています。フィット感も良く、シートバックとサイドでしっかりと身体を包み込んでくれます。

ガソリンエンジン車ナンバーワンの低燃費

トヨタ・パッソの2WD車はガソリンエンジン登録車の中でナンバーワンの低燃費を実現しています。

1.0L 1KR-FE VVT-iエンジンを搭載する2WD車では28.0km/L、4WD車では24.4km/Lの数値となっています。

さらにアイドリングストップ機能が全グレードに標準装備されています。赤信号の手前などの減速時約9km/Lからエンジンを自動でストップします。

その結果、停車している間のみエンジンが止まる他車のアイドリングストップシステムよりも長い時間エンジンを定位させることができるため消費するガソリン量を少なくして低燃費を実現しています。

安全装備も充実

パッソには安全装備も充実しています。衝突回避支援ブレーキ機能が搭載されていて、低速から中速の速度域で走行している際に先行車との衝突する危険があった場合に緊急ブレーキが作動して減速してくれます。

その他には衝突警報機能も搭載さえています。走行中に前方の車両や歩行者を認識して衝突する危険がある場合はブザーと警告灯で知らせてくれます。

まとめ

トヨタ・パッソは可愛いデザインのコンパクトカーというだけはありません。

低燃費走行が可能であったり安全装備も充実しているなど、さまざまな魅力が詰め込まれた車種です。

特に女性ドライバーにはおすすめのクルマなので、クルマの購入を検討しているなら選択肢の一つに加えてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です