トヨタ・スペイドは電動スライドドアでラクラク乗り降りができます

トヨタ・スペイドは2012年7月にデビューした比較的新しいコンパクトカーです。

グレードはX・Y・F・Gの4つが用意されています。ボディカラーは全部で9種類用意されています。(※ホワイトパールクリスタルシャインはメーカーオプションとなっています)

外観に関しては水平基調で張り出したフロントランプやバンパーコーナーなどを採用することでクールな印象を感じます。

トヨタ・スペイド

電動スライドドアを装備

トヨタ・スペイドの特徴として挙げられるのは、電動スライドドアが搭載されている点です。

ワンタッチでスライドドアを開閉することができるので、狭い駐車場に停めていた場合でも隣のクルマを気にすることなくドアを開けることが可能です。

例えば重い荷物を両手で持ったまま乗り降りをしなければいけない場合でもスムーズに実施できます。

開口高は1,250mm、開口幅は1,020mmと大きく設計されているので、開放感があって簡単に乗り降りができます。

また、単に開口部分が大きいだけでなく、低床フロアとなっているので小さな子供やお年寄りでも安心して乗り降りができるのです。

室内は広い

トヨタ車の中ではコンパクトカーに分類されていますが、実際は結構大きいサイズの車種です。

室内長は2,160mm、室内幅は1,420mm、室内高は1,380mmとなっています。後席シートに大人が乗車しても余裕を持って脚を組むことができます。

また、シートアレンジも多彩です。例えば助手席シートを倒すことでドリンクを置くためのテーブルとして使用することができます。

運転席と助手席の間に通れるスペースがあるのでウォークスルーが可能となっています。運転席側のドアを開けるスペースがないところに駐車しなければいけない場合でも助手席のシートを倒すことで簡単に助手席側から降りることができます。

気になる燃費性能

トヨタ・スペイドには1.5L 2NR-FKE VVT-iEエンジンが搭載されています。

2WD車の場合はJC08モードで22.2km/Lの数値を実現しています。4WD車の場合は16.0km/Lの燃費数値となります。

アイドリングストップ機能も搭載されていて、信号待ちや一時停止をする際にエンジンのアイドリングを自動的にストップしてくれます。

そしてブレーキペダルから足を離せば再びエンジンが作動します。

アイドリング機能を上手に活用することでさらにエコドライブが可能になります。

特別仕様車「F”Queen II”」を発売

2016年6月には特別仕様車「F”Queen II”」が発売されました。2015年に発売した特別仕様車「F”Queen”」のバージョンアップ仕様のモデルとなっています。

室内の天井部分に格子柄の専用デザインを採用しています。さらにレジスターリングをメッキ加飾からサテン調加飾に変更しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です